事実とあなたのお気に入りの曲の説明

ジャニス・ジョプリンの「私とボビー・マギー」

「Me&Bobby McGee」では、ジャニスジョプリンは、お互いに自由奔放な仲間/恋人が自由に歩き回ることを許可していますが、今では彼女は彼を心から恋しく思っています。 続きを読みます

ピンク・フロイドの「シャイン・オン・ユー・クレイジー・ダイアモンド」

ピンク・フロイドの「シャイン・オン・ユー・クレイジー・ダイアモンド」の歌詞は、故イギリスのミュージシャンで元ピンク・フロイドのメンバーであるシド・バレットへの心からの賛辞です。 続きを読みます

Russ&Kehlaniによる「TakeYouBack」

男性歌手(ラス)は基本的に女性歌手(ケラーニ)との関係を台無しにしており、現在彼女を取り戻そうとしています。 続きを読みます

マルーン5の「思い出」歌詞意味

マルーン5の「メモリーズ」は、歌手(アダム・レヴィーン)が、もはや彼の人生にいない特定の愛する人を失ったことに基づいた曲です。 続きを読みます

Saweetie(ft.JhenéAiko)による「BacktotheStreets」

筋金入りの女性ボーカリスト(SaweetieとJhenéAiko)は、ロマンチックな興味をさりげなく投げかけ、「通りに戻る」ことで終わりました。 続きを読みます

ルーカス・グラハムの「Say Forever」

ルーカス・グラハムは、愛がピークに達したときのことを思い起こさせる、間もなく元になる彼との最後の有意義な夜を望んでいます. 続きを読みます

Kornによる「LostInTheGrandeur」

コーンの「ロスト・イン・ザ・グランデュール」のナレーターは明らかにひどく抑圧されているように感じますが、なぜそして誰によって十分に明らかにされていません。 続きを読みます

ドレイク、フューチャー&ヤング・サグの「D4L」

ドレイク、フューチャー、ヤング・サグの「D4L」は、主にアーティストが富を増やし、それぞれのレーベルを代表することに焦点を当てています。 続きを読みます

ドミニク・ファイクの「AçaíBowl」

ドミニク・ファイクは「アサイーボウル」を使ってガールフレンドを祝います。ガールフレンドはとても暑いだけでなく、彼女の献身的な姿勢を証明しています。 続きを読みます

ドレイクの「いつ言うか」

ドレイクの「いつ言うか」はブラガドシオのトラックで、ドレイクは富とキャリアの成功の分野で彼の優位性を宣伝しています。 続きを読みます